気管支を拡張

pills lying on hand

アスタリンインヘラーとはサルブタモールを主成分とする薬の事で、主に気管支喘息等に用いられる事が多いです。気管支喘息以外にも慢性気管支炎等の治療にも使われる事があり、これらの疾患で発作が起きた場合に使われる事になります。気管支喘息や気管支炎で発作が起きると気道が狭くなってしまうため、これに伴い取り込む酸素の量が少なくなり呼吸が苦しくなってしまいます。本当にひどい場合には命に関わる可能性も出てくるため、アスタリンインヘラーで発作を落ち着かせる必要があるのです。主成分であるサルブタモールには気道を強制的に広げる作用があり、これによって呼吸を楽にする効果が期待出来ます。こうした気管支喘息等の発作時に使う薬は心臓に負担をかける事もあるのですが、アスタリンインヘラーはその負担が比較的軽いと言われています。

アスタリンインヘラーは吸入タイプの薬となっていて、専用の吸入器に薬をセットして口から吸い込むという使い方をします。吸入回数は1度に1〜2回となっていて、1日に行って良い吸入回数は4〜8回までとなっています。この1度に吸入する回数や1日に行って良い吸入回数は年齢等で異なるので、医師の指示に従って使う事が大切です。アスタリンインヘラーは病院を受診して診察を受けて、医師に処方箋を書いてもらって購入するのが基本となっています。しかしこれでは診察料等も必要になってしまうため、より安く購入するには個人輸入を利用するというのも一つの方法です。個人輸入の場合には使う時には自分で責任を負う必要がありますが、この方法なら1個1500円程度で購入する事が出来ます。