風邪の季節に

girl headache

風邪やインフルエンザが流行する季節になると、気管支炎の患者も増えてきます。症状が酷くなると、発作が起きて呼吸困難にもなります。そのような時に使われる薬がアスタリンインヘラーです。アスタリンインヘラーを製造販売しているシプラ社はインドの製薬会社で、ジェネリック薬を多く手掛けていることでも知られています。発作が起きて苦しくなるとアスタリンインヘラーを吸入します。錠剤やカプセルではなく吸入薬であることが即効性を高めています。アスタリンインヘラーの有効成分であるサルブタモールが効き始めると、気管の拡張作用が働いて呼吸も楽になります。ジェネリック薬であることから、価格がリーズナブルになっているのも特長です。

アスタリンインヘラーと同じくサルブタモールを有効成分としている薬にサルタノールがあります。製薬業界のグローバル企業として名高いグラクソスミスクライン社が開発した薬で、その価格には当然のことながら開発コストも反映されています。アスタリンインヘラーはジェネリック薬のメリットを活かした低価格路線で多くの患者に利用されています。アスタリンインヘラーは日本では未承認のため、輸入代行業者を介した購入が多くなっています。業者によって価格は異なりますが、100マイクログラム1箱で1500円前後が相場です。まとめて購入すれば割引価格が適用されたり、初回購入時に割引クーポンがついてきたり、料金システムは業者によって様々です。